園長のつぶやき 

  • HOME  > 
  • 園長のつぶやき 
 

園長のつぶやき

園長のつぶやき
フォーム
 
" (8) 報恩講の意義について "
2018-01-19
 1月18日に「報恩講」という行事がありました。
 
報恩講というのは しんらん聖人という方が、私たちに仏様のことをいろいろ教えて
 
下さったご恩を偲び、感謝の思いを集いを通して人間として心を磨く、命の在り方を
 
考える行事です。
 
 
~しんらん聖人について~
 
 鎌倉時代(1173~1263年)に生きた人です。
 
私たちが「みほとけ様を拝みます」というとき、仏様には 阿弥陀様、お釈迦様、親鸞様の
 
3人を特に大切にしています。お釈迦様はインドに生まれ、悟り(いのちの姿、いのちのあり方
 
を正しく知る)を開いて仏様になった人です。
 
しんらん聖人は日本に生まれ、阿弥陀様の救いの働き(いのちのはたらき)を広めて下さった人です。
 
 
~救いのはたらき~
 
 私たちは例えば、欲しい物を得られない、友達と喧嘩した、お母さんに叱られた、体の調子が
 
悪いなど、いろいろなことに心を悩まし、苦しみます。
 
そのような自分を仏様はいつも見つめて下さり、私と一緒に苦しんだり、悲しんだりしてくれます。
 
そのことを通して、私たちは自分の心を見つめ、自分自身を深く考えるようになり、心の強い人間に
 
育てられます。そのような阿弥陀様の大きな命の働きについて、しんらん聖人は私たちに教えて下さり
 
私たちが命を大切にして生きることの尊さを教えて下さった方です。
 
 いのちには、宇宙の卵のような大きないのちと、私たちのような小さないのちがあり、私たちの命は
 
大きな命の卵に包まれています。
 
皆さんが「南無阿弥陀仏」と念仏を申し、合唱礼拝します。その南無阿弥陀仏は 阿弥陀様(宇宙の
 
卵のような命)からのお呼び声です。
 
「安心してください。いつもあなたを見守り、抱き取って見放すことはありません」という阿弥陀様
 
からの呼びかけであり、私たちは「阿弥陀様ありがとうございます」という、感謝の気持ちをまた
 
「南無阿弥陀仏」と念仏申して感謝を表すのです。
 
しんらん聖人という方が、阿弥陀様に代わって阿弥陀様のいのちのはたらきについて教えて下さった。
 
だから、「しんらんさま有難うございます」と感謝の気持ちを気持ちを報恩講という行事を通して
 
表すのです。
 
 
 仏さまを拝む人は、心が磨かれ、心の優しい人、心の強い人になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<いちょう幼稚園>> 〒759-6603 山口県下関市安岡町1-10-7 TEL:083-258-0276 FAX:083-258-4476